新型コロナウイルス対策について

幼児期からできる不正咬合の予防

投稿日:2020年7月8日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは。歯科医師の名倉です。

ご自身の歯並びやお子様の歯並びを気にしたことはありませんか。

”今日は悪い歯並びにならないために”ということでお話をします。

乳歯のときから永久歯がうまく生えてくるように予防をすることができます。

歯が正常に噛み合っていないと他の歯とぶつかる(干渉する)ことで更に咬み合わせが悪くなってしまいます。これは歯を少し削って当たらないようにしたり、矯正の装置をつけて治すことができます。

また、虫歯によって乳歯を早く抜いてしまったりしたときに永久歯がしっかり生えてくるためのスペースを確保(保隙)することもできます。乳歯の役割についてはこちらをご覧ください。

そして、指しゃぶりや爪を噛むといった癖(口腔習癖)を予防することも大切です。

これらによって永久歯を悪い歯並びにしてしまわないように予防することができます。

他にも様々な要因(過剰歯、先天欠如、乳歯の晩期残存など)によって歯並びの悪化につながってしまうことがあります。

これらの要因を知ることや治療をするタイミングは重要ですので、歯並びが気になる方もそうでない方もぜひ一度相談されてみてはいかがでしょうか。