新型コロナウイルス対策について

歯並びの維持に関わる力

投稿日:2020年10月18日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは。歯科医師の名倉です。

 

歯は生えたらずっとその場所にとどまっているというわけではなく

歯の内側からの舌の力と

歯の外側からの筋肉(口輪筋、頬筋、上咽頭収縮筋)

が拮抗して歯列が並ぶのを維持してます。

これをバクシネーターメカニズムといいます。

 

生まれつきの骨格などの影響で

上顎前突や過蓋咬合などの不正咬合が見られることもありますが

この筋肉のバランスが崩れることによって

歯並びが悪くなってしまうこともあります。

 

その原因となってしまうのが口腔習癖と呼ばれる

お口の癖です。

 

だから矯正治療前には口腔習癖をやめるよう指導があります。

口腔習癖の種類にはいくつかありますが、

それぞれの癖についてはまた詳しくお話します。