虫歯・根管(神経)治療

コウノ歯科式「無痛虫歯治療」

無痛虫歯治療

「虫歯を良くするための治療は痛いイメージがある」、そのように思っている人も多いことでしょう。治療が怖いので虫歯をそのまま放置している人も少なくありません。しかし当院では治療中の痛みを緩和するための取り組みを行っており、新治療法も確立しています。今回は当院での虫歯治療を紹介します。

  • ①緊張感がなくする為のカウンセリング

    カウンセリング歯の痛みは神経から脳に届きます。そのため緊張感や不安感があると神経も反応しますので、痛みを感じることが多いのです。当院では実際に治療する前にカウンセリングを実施して、患者の皆様が安心して治療できるようにしています。

  • ②表面麻酔によって注射の痛みを緩和

    表面麻酔大きい虫歯を治療する場合、まず麻酔注射を行います。虫歯部分が多いと痛みが出る事がありますので、麻酔によって痛みを和らげます。しかし注射をする時の痛みが問題です。当院では注射の前に表面に塗る麻酔を行っていますので注射での痛みは和らぎます。

  • ③電動麻酔について

    電動麻酔麻酔液を注入する早さを自動化し、また一定化することで、注入する際の圧力が一定になり痛みは和らぎます。

  • ④一番細い注射針の使用

    注射針は一番細い針注射針については太い針ほど痛みを感じますので、当院では最も細い注射針である「33G」の針を使います。

コウノ歯科式「可能限り削らない治療法」

削らない虫歯治療

従来の虫歯治療は虫歯の部分を大きいドリルを使って削った後、プラスチックや金属の詰め物を行う方法が主流でした。しかし削る範囲が狭まると虫歯も残り、再発の可能性が高まります。虫歯が再発すると意味がありませんので、可能な限り虫歯を削ることも多かったのです。

ミニマルインターベンションについて

歯科治療は大きく進化してきています。最近は従来よりも削る量が減ってきました。それがMI(ミニマルインターベンション)と呼ばれる治療です。

歯は削るほど寿命は短くなりますので、可能な限り歯を削ることなく治療し、天然歯を可能なかぎり残すことが大切です。

虫歯

抜歯なしの虫歯治療最後の砦「根管治療(根っこ・神経の治療)」

根管治療(根っこ・神経の治療)

歯の中部分には、血管、神経などがあり、その通り道を根管と言います。虫歯が進むと虫歯菌が健康な歯を溶かします。その後根管まで及びます。そのため根管治療が必要になります。根管治療は根管の内部をきれいにして虫歯の再発を防いだり、悪化を防止したりするための大切な治療です。

根管治療について

  • ①重度の虫歯に行う

    重度の虫歯に行なう▲軽中度の虫歯に対しては、根管治療は必要ありません。虫歯菌が根管まで達し、重度になった時に行います。

  • ②根管を掃除します

    根管をきれいにする▲根管は湾曲し細いので、肉眼であまり見ることはできませんのでリーマーという特殊器具で掃除を行います。

  • ③根管の殺菌

    根管を殺菌する▲根管がきれいになれば、次は特殊な洗浄液を注入して虫歯菌を排除します。

  • ④セメントの注入

    セメントを流し込む▲根管の殺菌や消毒が終了すると、次は歯科専用のセメントを注入します。
    セメントには殺菌効果もあります。

  • ⑤根管の封鎖

    根管を封鎖する▲セメントが固まると終了です。
    これにより虫歯菌の感染リスクも軽減されます。

  • ⑥歯に被せ物をつけます

    かぶせものを装着する▲歯の上部を削っていますので、セミラック製(陶材でできた被せ物)や銀歯を被せて復元します。

根管治療では「精度」が重要です

根管治療(根っこ・神経の治療)神経のある場所であり、とても細く湾曲の状態にあります。肉眼ではあまり見えませんので、虫歯菌の除去は困難を極めます。

そのため、治療を行った後も50%以上の確率で再発すると言われています。

当院では再発を防止するため、時間を割いて丁寧に治療を行います。

習志野市実籾では痛みがない,抜かない,削らない虫歯治療が可能

虫歯治療

コウノ歯科では天然歯を温存する治療にこだわっています。習志野市実籾で痛みのない虫歯治療を望んでいる方、歯を可能な限り削りたくない方は一度ご連絡ください。また詰め物や虫歯治療、被せ物についてのセカンドオピニオンも承っています。皆様のご来院を心よりお待ちしております。