ホワイトニング

ライフスタイルに合ったホワイトニングを

ホワイトニング

ホワイトニングの種類も様々です。自宅でマウスピースを利用して行うホームホワイトニング、歯科医院で行うオフィスホワイトニング、それら両方を合わせた方法のデュアルホワイトニングの3種類に分類できます。さらに歯の神経が死んで黒ずんだ色の歯のウォーキングブリーチ、また歯ぐきの色素沈着を取り除くピーリングがあります。

ホワイトニング症例

ホームホワイトニング

これは字のとおり、皆様の自宅で行うホワイトニングです。しかし始めの処置は歯科医院で行います。というのも歯周病や虫歯があれば、ホワイトニングで使う薬剤が歯周病や虫歯を悪化させてしまう可能制があるからです。

通院する時間がない方に最適な方法

ホームホワイトニングホームホワイトニングは、患者専用のマウスピースを作ります。また専用のホワイトニング薬剤の提供も行っています。

患者さんはそれらを使って、都合のいい時間帯にホワイトニングができます。自分の都合のいい時にホワイトニングができますので、毎日忙しい方には最適な方法です。しかしオフィスホワイトニングより白くなりはじめるまでに時間がかかります。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングというのは、歯科医院において行う方法です。ホワイトニングのすべての処置を歯科医院でできます。自宅でする必要はありませんが、2~3回程度は来院する必要があります。

早く白く歯にしたい方に最適な方法

オフィスホワイトニングオフィスホワイトニングはホームホワイトニングと違い、ホワイトニング剤を塗ってすぐにレーザー照射を実施します。そのため歯全体にすぐに浸透します。

こういったこともあり、ホワイトニングは早い効果を期待できます。

そして白い歯になれる程度も、ホームホワイトニングと比べて高いようです。

デュアルホワイト二ング

デュアルホワイトニングは、ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングの両方の方法を一緒に行う方法です。白さの度合いも高く、短期間で白い歯を期待できます。またホワイトニング効果の持続期間は長めになります。

白さの度合いも高く、短期間で持続性もある

デュアルホワイトイングデュアルホワイトニングとホームホワイトニングは、それぞれ時間を割いて白くすれば、ホワイトニング効果は長い間継続されます。

またオフィスホワイトニングは、短時間に歯を白くできます。このホームとオフィスとは異なるメリットを提供するのが、デュアルホワイトニングです。

デュアルホワイトニングは、結婚式前といったブライダルのホワイトニングとしてもよく利用されます。

ウォーキングブリーチ

虫歯治療で歯の神経を抜くと黒ずみます。これは歯が死ぬことに原因があります。このような歯を「失活歯」と言います。この失活歯を白くしていくのがウォーキングブリーチです。

神経がなくなったあとの黒ずんだ歯は白くできる

ウォーキングブリーチ歯の神経があった箇所は空洞になります。その部分にホワイトニング剤を注入し、歯を白くしていきます。これは歩行している時に綺麗な白い歯が見えますのでそのような名称になりました。一般的なホワイトニングは外側より歯を白くしていきますが、ウォーキングブリーチは内側から行います。

実際のウォーキングブリーチの治療例と解説

ウォーキングブリーチの治療例

20代男性 歯の変色で来院されました。 数年前に他の歯科医院で虫歯治療を行い神経の処置を行った後から徐々に前歯の色が変色していき当院を来院されました。まず最初に神経の処置を行い根っこの中をきれいにしていきます。 空洞の無いように根っこの中をお薬で埋めていきます。

ウォーキングブリーチの治療例

根っこの中を埋め終えたら、歯の裏側にお薬を入れる穴をあけ、歯を白くしていくお薬を入れていきます。その際、お薬が歯茎や唇につかないように、ラバーダム防湿と言って歯にゴムのシートつけていきます。薬を入れ終わると次に仮蓋をしていくのですが、薬液が漏れないようにベースセメントと言われる硬いセメントと、レジンと言われる光で固めるプラスチックのようなもで、二重の蓋をします。この作業を、1週間置きに3回繰り返します。

ウォーキングブリーチの治療例

このように徐々に本来の色に近づいていきます。 隣の歯の歯の色になったところで終了とします。 変色の具合と、もともとの歯質の色により回数は変動します。

ウォーキングブリーチの治療例

こちらは30代女性で虫歯治療で来院されましえた。本人も前歯の色が気になっており、被せものをするぐらいなら諦めていたとのことでしたが、ウォーキングブリーチを説明したところ、やってみたいことから治療をはじめました。

ウォーキングブリーチの治療例

こちらも3回のウォーキングブリーチ治療でここまで白くなりました。神経の死んだ歯は、被せ物という選択肢でなくても、なるべくご自身の歯を残し本来の色に戻す事が出来ます (大きな虫歯があったり、ご自身の歯が残っていない場合は、適応外になります)。

歯ぐきのホワイトニング

これは歯ぐきのピーリングと呼ばれることもあります。歯茎の表面についた古い皮膚を取り除き、新しい皮膚を作る治療法です。

  • 歯肉のホワイトニング治療前

  • 歯肉のホワイトニング治療後

タバコなど黒くなった歯ぐきを美しいピンク色に

歯ぐきのピーリング人の歯茎は常に様々な刺激を受けています。その一例がタバコです。また薬や毎日の食事なども、歯茎の変色の一因になっています。

そのような歯茎にある汚れを、ピーリング剤を使ってきれいに落とす方法が歯ぐきのホワイトニングになります。

ヒリヒリ感はありますが、痛みもあまりありませんので安心して行えます。

ホワイトニングQ&A

ホワイトニングではどの程度で白い歯になるのでしょうか?

シェードガイド

ホワイトニング効果は個人差があり、人によってそれぞれ効果が変わります。普通の歯の場合、1回処置することで4段階程度白く変わります。しかし歯の色がグレー系である場合、そんなに高い効果は期待できません。

ホワイトニングでの持続期間は?

皆様の食生活などによって大きく変わりますが、だいたい半年程度持続します。その後はメンテナンスをおすすめします。ホームホワイトニングなどを行うことで、持続期間も延びます。
さらに毎日のお手入れにも注意してください。コーヒーやカレーなど、着色性の高い飲食物を控え、また虫歯予防を行うなどして歯をガードしてください。

習志野市実籾でホワイトニングのことなら当院へご相談ください

実籾でホワイトニング

習志野市実籾で歯のホワイトニングをご希望の方はぜひ当院へ一度ご相談ください。あなたに最適なホワイトニングをご提案させていただきます。