詰め物・被せ物

美しさを追及して~コウノ歯科式 最新審美歯科治療~

審美歯科

  • 人に見られることが多い前歯などのすきっ歯で悩んでいる・・・
  • 銀歯がとても気になる・・・
  • 歯並びが悪く、とても気にしている・・・
  • かけた歯が気になる、自信が持てない・・・

このように歯の見た目の問題や悩みを解消して、患者さんの希望の歯にしていくのが当院で行っている審美歯科治療です。

どこがセラミックの歯でしょうか?

答えは・・・

前歯のセラミック治療ビフォアフター

すきっ歯ビフォアフター

審美歯科はココにこだわります!「審美歯科の基準」について

審美歯科は歯を白くするだけが目的ではありません。患者さんの顔全体と綺麗に調和させるかことも考慮します。

  • 歯の形

    歯の形歯の形態を一つずつ調整していき、綺麗に整った歯並びにしていく

  • 全体の調和

    全体の調和顔貌の調和顔の中心ラインと、上下の歯の中心を合わせる

  • スマイルライン

    スマイルライン笑った時の唇から見える前歯の並びを整える

  • 歯の特徴づけ

    歯の特徴づけ詰め物、被せ物を天然に歯に近づけていき、区別がつかないくらいに加工

  • 性別

    性別男性、女性で歯の形は違います。「らしさ」にこだわった作りを

  • 肌の色

    肌の色肌の色に合い、最も印象のいい歯の色にする

  • 年齢

    年齢年齢に合った最も自然的な歯の色や形に整える

  • 素材

    素材お口の状態、症状、噛み合わせ等に合った最適な素材をご提案

  • バランス

    バランス歯の位置や配列を全体的に捉え、綺麗で美しいバランスに形成

当院で行なった審美歯科の治療例

当院で実際に行なった審美歯科症例をご紹介します。

奥歯の銀歯の下の虫歯を除去しセラミックの詰め物にて修復した治療例

奥歯のセラミックインレー

こちらの患者様は、奥歯の銀歯下に虫歯が広がっておりました。銀歯は経年劣化が激しいため、歯と銀歯の間に隙間ができ、そこに虫歯菌が侵入しやすいです。見た目にはわかりづらいですが、銀歯の下には写真のように虫歯だかけということが多々あります。銀歯の寿命は4年前後と言われるのはそのためです。銀歯を外し、虫歯をていねいに除去。その後、経年劣化の少ないセラミックの詰め物にて修復しました。見た目だけでなく、歯の寿命を伸ばすことにもつながるセラミック治療。ぜひご検討ください。

すきっ歯を治した治療例 ラミネートベニア編

すきっ歯の審美症例

こちらの患者様は前歯がすきっ歯であることをずっとお悩みだったそうです。ラミネートベニアという、つけ爪のような感覚でセラミック製の歯を貼り付ける治療で、すきっ歯を改善しました。ラミネートベニア治療は、被せ物とは違い、貼り付けるだけですので歯を削る量が少なくて済み、さらに半永久的に接着固定させるため剥がれたりする心配はほとんどありませんし、セラミックですので着色による変色もありません。

審美歯科では優秀な技能を持つ歯科技工士との連携が必須です

歯科技工士

歯科で使用する被せ物や詰め物は、歯医者さんではなく歯科技工士という、他の技術者が作っています。銀歯やセラミック歯(陶材でできたかぶせ物)は、歯科医とは異なった技術が必要になります。審美歯科で使用している被せ物や詰め物はいわば芸術作品と言えます。当院は埼玉県の歯科技工所へお願いしています。

いかに良い物を作れるかどうかは、ひとえに歯科技工士の腕にかかっていると言っても過言ではありません。歯を治療する歯科医師の技術も当然必要ですが、患者さんのお口の中に入れる被せ物や詰め物の完成度も同時に重要になります。そのため当院では、最高の素材を提供してくれる歯科技工士さんと提携して業務を行っています(歯科技工士・堀口の紹介はこちら)。

提携している経験豊富な歯科技工士が立ち会います

当院ではデンタルスタジオ和という歯科技工所と提携しており、ご希望の患者さまには、直接その歯科技工所の技工士を呼んで立会いのうえで型とりや色合わせを行なっております。

  • 歯科技工士現場で直接、歯科技工士が患者さまのお口を確認でき、精度が増します。

  • 歯科技工士微妙な色のグラデーションやコンマ1mmの形成にこだわって製作。

  • 歯科技工士一本一本手作業で丁寧に最高の補綴物を製作しております。

症状、噛み合わせ、ライフスタイルに合った最適素材をご提案

審美歯科保険が適用される補綴物では、満足できる物はあまり望めません。満足度を上げるためには、様々な特性のある素材から、一人一人に合った素材を選ぶ必要があります。

当院では「話す」、「噛む」などの機能性を重視し、長期間安心して利用できる物を提供しています。

見た目、金属アレルギー、虫歯の起こりやすさ、噛み合わせ問題など、様々な条件を考慮して患者さんに合った素材を提案していきます。

それぞれの予算に合った素材を提案

コウノ歯科医院では治療費も相談できますので、納得した後に治療を受けることができます。患者さんの満足度も高めとなっています。(治療費についてはこちらから

審美歯科

機能性を失くさない審美治療の治療工程

審美歯科人の口は食べる、飲むなど、生活する上での基礎なる大切なものです。そして歯で食べ物を噛み、咀嚼して食べ物を消化していきます。とても大切な器官と言えます。

そのため審美的治療を行うことで、そのような機能が失わせることがあってはいけません。

さらにお口のみならず、肩凝りやあごの疲れ、また頭痛や腰痛などを引き起こす可能性もあります。そのため体全体のバランスを考慮して治療をする必要があります。

きちんとした治療を行うためには、計画に沿った治療工程が必要です。ここでは当院のこだわりの治療工程を説明します。

  • 前段階の治療を徹底

    虫歯治療歯周病や虫歯はすぐに治療します。詰め物、被せ物を装着するまでに、まずは健康な口腔状態にします。

  • 噛み合わせの最適化

    精密治療「今までの噛み合わせに合わせる」ではなく、「最適な噛み合わせを作る」ことを意識しています。

  • シリコンによる型とり

    シリコンでの型取りお口の中の型取りを行う時は、最適な素材を使い、正確な型とりを行なっております。

  • ワックスアップ(形成)

    ワックスアップ(形成)補填物を作る時は、シミュレーション工程でイメージデザインを施すことで精度を高めます。

  • 仮歯の精度を良くします

    仮歯の精度向上ワックスアップによって作った「精度の高い仮歯」により、仮歯期間中も自然に、また、歯の移動を防ぎます。

  • 歯肉圧排(しにくあっぱい)

    歯肉圧排で良適合の実現歯肉を押し下げて、歯茎と葉の隙間をなくします。虫歯予防の効果があり、完成した後の審美性が向上します。

習志野市実籾で被せ物や詰め物をご検討の皆様へ

実籾でつめ物やかぶせ物治療

被せ物や詰め物が割れた、また取れたなど、習志野市実籾の歯科医院をご検討の方は、ぜひコウノ歯科医院にご相談してください。見た目や機能面それぞれに満足してもらえると思っています。