生まれつき歯が足りない方について

投稿日:2016年11月29日

カテゴリ:スタッフブログ

矯正担当の三上です。

最近、歯並びの相談でいらっしゃるお子様で生まれつき歯が足りない方が増えている気がいたします。

原因ははっきりとしておりませんが、生まれつき歯がたりない方は大人の歯が足りない場合が多く、子供の歯が抜けずに残っていることがあります。

子供の歯でも大人まで残っている方もいますが、多くは加齢により抜けてしまいます。

歯が抜けてしまったまま放っておくと、横の歯が抜けた場所に倒れて、歯並びが悪くなり、咬みにくくなってしまいます。

そこで歯が抜けた場所にインプラントやブリッジといわれる、歯を補う治療もしくは、抜けたスペースを横の歯を動かして閉じる、矯正治療のどちらを選択していくことをおすすめします。

どれもメリット、デメリットがあり患者様とよく相談して決定しますが、やはり自分の歯でしっかり咬めることができる矯正治療をおすすめいたします。

今まで歯が足りないと指摘されたことがある方はいつでもご相談下さい。お待ちしております。

■ 他の記事を読む■