新型コロナウイルス対策について

叢生(凸凹)の矯正治療例(50代女性)

投稿日:2021年2月8日

カテゴリ:矯正治療例

叢生の矯正治療例

50代女性の患者様です。

歯が磨きにくいこと、歯と歯茎が痛いと来院されました。

ワイヤーをつけ歯並びの横幅を広げながら

歯の凸凹を改善し、歯磨きもしやすくなりました。

右上の歯が1本少なくなっているように見えますが

歯を抜いたのではなく

ブリッジのポンティック(人工の歯)を除去しています。

年齢・性別 50代女性
矯正治療期間 3年1か月 
抜歯の有無 非抜歯
治療費 (検査料、装置代、調整料含む)(税別)
リスク・注意点 歯の移動に伴い、痛みや違和感を感じる場合があります。
矯正治療後は、保定装置を装着しなければ歯が後戻りします。
備考  特になし