新型コロナウイルス対策について

虫歯じゃないのに歯が痛い?!歯ぎしりの対処法

投稿日:2020年9月3日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは。歯科医師の名倉です。

普段、歯の痛みを感じることはありますか?

虫歯や歯周病、知覚過敏といった状態以外でも歯の痛みが生じることがあります。

それは ”食いしばり” や ”歯ぎしり” です。

歯ぎしりはストレスなどによって起こると言われ、

寝ている間に無意識にやってしまうものです。

 

力を入れるときにぐっと奥歯を噛み締めたりすることがあると思いますが、

健康な人では自分の体重ほどの力で咬むことがわかっています。

寝ている間に歯を食いしばっていたり、歯ぎしりをしていると

歯や顎に痛みを生じてしまいます。

また、歯が削れてしまったり、欠けてしまうこともあります。

そのような症状を和らげるために”ナイトガード(マウスピース)”が使われます。

歯の形に合わせて作り、夜寝ている間に歯にはめて使います。

 

歯ぎしりは自分ではなかなか気づきにくく、

寝ている間に家族から指摘されるということが多いです。

朝起きたときになんだか歯が傷むな、顎が痛むな、など

なにか心当たりのある人はご相談ください。

■ 他の記事を読む■