新型コロナウイルス対策について

顎に痛みを感じたら

投稿日:2020年9月15日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは。歯科医師の名倉です。

 

顎に痛みを感じることや音がなっている?!と思うことはありますか?

人間の体には膝や肘が曲がるように 関節 がありますが

顎にも同じように関節があります。

口は話すのにも食べるのにも休みなく使うものですから、

顎や周りの筋肉が疲労してしまうことがあります。

顎に痛みを生じる、音がなる、口が大きく開かないなどの症状を顎関節症といいます。

 

顎の痛みを感じるときの対処法は安静にすることです。

大きな口を開けないなど意識することが大切です。

具体的にはハンバーガーにかぶりつくのではなく、小さく切って食べるとか

あくびをするときには手で下から顎を押さえるなどです。

また、頬杖をついたりするのも変な力がかかってしまいまうので控えたほうが良いことです。

以前の記事で書きましたが、

歯ぎしりや食いしばりをしているのも顎に負担がかかることなので

そのままにせず歯科医院でナイトガードを作成してもらうなど対処しましょう。

 

顎がカクカクとなることをクリック音といいますが、

意図的に鳴らすことなどはやめましょう。

音が鳴るときは痛みがないときが多いので気にせず放置してしまうこともありますが

そのままにしているとお口が開けづらくなってしまうことがあります。

 

顎関節症は早めの治療が大事です。

顎に違和感を感じたら早めに歯科医院で相談しましょう。