新型コロナウイルス対策について

訪問歯科診療とは?誤嚥性肺炎の予防や口腔ケアの重要性

投稿日:2021年3月17日

カテゴリ:未分類

こんにちは。

実籾駅から徒歩1分にあるコウノ歯科医院です。

 

本院では訪問歯科診療も行っていますが

今日は訪問歯科診療についてお話ししたいと思います。

 

訪問歯科診療とは

訪問歯科診療とは通院が困難な患者様のお家や施設に

歯科医師が出向いて診療を行うサービスです。

 

歯科医院の受診は70~74歳ころをピークに

急速に減少しています。

しかし、虫歯や歯周病にはかかりやすい年代の傾向もみられ

虫歯は小児と高齢者で、歯周病では40代以降で多くなっています。

お口の健康を保つということは

自分のお口でお食事できるということだけでなく

食べることの楽しみや生きる力にもつながります。

お口の中が汚い状態で過ごしていると

誤嚥性肺炎を招いたり身体にも大きな悪影響を招いてしまいます。

 

誤嚥性肺炎とは

誤嚥とは唾液や食べ物など本来なら食道(胃につながる食べ物の通り道)にはいるものが

誤って気管(肺につながる管)に入ってしまうことです。

高齢や寝たきりになると飲みこむ力が衰えてきて誤嚥しやすくなります。

誤嚥性肺炎とは食べ物などと一緒に細菌が肺に入り込み

炎症を起こしてしまう状態です。

 

 

 

 

 

 

 

 

口腔ケアの重要性と訪問歯科診療での治療内容

訪問歯科診療は歯科診療・口腔ケア・リハビリテーションをおこなっています。

器材や照明などの設備の違いにより全く同じというわけではありませんが

基本的には歯科医院での外来診療と同じ診療をします。

虫歯の治療や入れ歯治療でしっかり食べられるよう治療したり

上記の誤嚥性肺炎などの予防のためにもお口の中のお掃除をしたり

舌や唇、頬を積極的に動かし刺激することによってスムーズに食事できるよう

リハビリテーションを行うなど患者様の状態により必要なケアを行います。

 

歯科医院に通えなくなったあとこそ

歯科治療が必要になってくることがおおいです。

通えなくなっても歯科治療をあきらめるのではなく

かかりつけの歯科医院で在宅診療に対応しているか相談してみたり

お近くの歯科医師会やケアマネージャーに相談して訪問歯科診療をうけて

お口の健康、体の健康の維持に努めてください。

 

本院では患者様のお家や施設での訪問歯科診療を行っています。

お気軽にご相談ください。