新型コロナウイルス対策について

入れ歯はどのくらい使えるの?

投稿日:2020年10月6日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは。歯科医師の名倉です。

 

入れ歯はどのくらい持つのかという疑問を抱く方は多いと思います。

一般的に言われていることとしては

プラスチック製の入れ歯で3~5年、金属製の入れ歯で5年~程度です。

 

入れ歯は毎日使うものなので

歯がすり減ってしまい噛みづらくなりそうだとは想像すると思いますが、

入れ歯の”歯”だけではなく義歯床という歯茎側の方も変化しているのです。

 

歯が生えている顎の骨の形は一生そのままというわけではなく

顎の骨は歯がなくなると徐々に痩せていきます。

部分入れ歯を作ったあとにご自身の歯の本数が減ってしまった場合は

また新しい義歯に作り変えると思いますが

はじめから総入れ歯を作った場合であっても

顎の骨が経年的に痩せていくことにより義歯床が合わなくなってしまうため

作り変えが必要になります。

 

一度作った入れ歯を長く使うためには

日々のお掃除はもちろんのこと

歯科医院で定期的なチェックをして

適合を確認してメンテナンスすることが大切です。

 

■ 他の記事を読む■