新型コロナウイルス対策について

矯正治療後の保定の重要性

投稿日:2020年10月12日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは。歯科医師の名倉です。

 

矯正治療には長い期間(2~2年半)がかかり

保険が効かない分治療費もある程度かかります。

治療をしてせっかくきれいになった歯並びですから、

そのままの状態を維持してほしいですね。

 

しかし、歯は一度きれいに並べ直しても

”後戻り”といってもとの歯並びに戻ろうとするんです。

それを防止してきれいな歯並びを維持することを”保定”といいますが、

そのために保定装置という装置をお口の中に入れます。

 

保定装置の使用期間はそれぞれの状態で変わってきますが

取り外しのできる装置を毎日入れることを1年間、

その後、夜寝ている間だけ入れることを1年間

あわせて2年は最低使います。

この可撤性の保定装置とあわせて

上下の歯の裏に固定性のワイヤーを1本ずつつけます。

 

せっかく矯正の装置が外れたのにまたいれるの?!

と思うかもしれませんが

保定装置は少しの期間サボってしまうと

その間に徐々に歯が移動し装着できなくなり

そのまま後戻りが進んでしまうということにもなりかねません。

きれいに治療した歯並びですので

しっかり保定装置を使ってきれいな状態を維持しましょう。