新型コロナウイルス対策について

八重歯になる理由と気をつけたいこと

投稿日:2020年10月13日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは。歯科医師の名倉です。

 

前から3番目の歯である犬歯ですが

いわゆる八重歯という状態になっている人を見かけますね。

 

八重歯は正確には低位唇側転移と呼ばれる不正咬合の一種ですが、

どうしてそのように生えてきてしまうことがあるのかというと

それは犬歯が永久歯の中で最後に生えてくるからです。

歯の大きさに対し顎の大きさが小さいと歯が並ぶスペースが足りず

無理やり生えてきて八重歯になってしまうことがあります。

 

犬歯は咬合においてとても大切な役割をしています。

アゴがスムーズに動くためのガイドとなっていたり、

ほかの歯と比較し大きく根っこも長い為強くて丈夫な歯なので、

刃のような働きをしてものをよく噛み切れます。

 

八重歯となってしまった犬歯は矯正治療をしなければ

咬合に関与することはありませんが、

ぜひ治療して大事な役割を果たしてもらいたいと思います。

 

八重歯は他の歯と違う位置に生えていて歯磨きがしづらく

八重歯の根元の方に汚れが溜まりやすいので

上唇がじゃまになってしまうのなら持ち上げて

しっかりと意識してきれいに磨きましょう。

■ 他の記事を読む■