新型コロナウイルス対策について

下顎前突(受け口)の矯正治療症例(40代女性)

投稿日:2021年1月13日

カテゴリ:矯正治療例

下顎前突の矯正治療症例

歯が反対にかんでいることを気にされて来院した40代の女性の患者様です。

見た目が気になりにくい方法で治療したいとの希望により

歯の表面に通常の金属色のワイヤーではなく白いワイヤーで治療しました。

歯は抜かず全体的に歯を後ろに動かし、

歯並びの横幅の拡大やIPRという歯をやせさせる処置を行い

反対咬合と叢生の改善を行いました。

年齢・性別 40代女性
矯正治療期間 3年6か月
抜歯の有無 非抜歯 
治療費 1,120,000(検査料、装置代、調整料含む)(税別) 
リスク・注意点 歯の移動に伴い、痛みや違和感を感じる場合があります。
矯正治療後は、保定装置を装着しなければ歯が後戻りします。
備考  ホワイトワイヤーを使用したため通常より料金は高くなっています